ブログ

2020年7月6日

食の安全性について(ISO 22000)

こんにちは。ISO事務局です。

いつの間にか2020年も半分が過ぎてしまいました。私の今年の思い出は、今のところは自宅でリモート飲み会をしたことばかりです…。今年はコロナの影響もあり、世界の砂糖需要が40年ぶりに減少したというニュースを見ました。世界的なロックダウンで飲食店も営業停止となりジュースや嗜好飲料等の消費が減り、砂糖の消費も減ってしまったそうです。確かに私もずっと家にいるのでお菓子を食べる機会が減ったような気がします。甘い物の話をしていたらお菓子が食べたくなったので、今度のお休みはお菓子を買いにお散歩に行こうと思います。

緊急事態宣言が解除されてから営業再開したお店も多いですが、やはりテイクアウトやデリバリーを続けている店も多く見かけます。毎日3食自炊はとても大変ですし、料理のレパートリーが少ない私にとってはとてもありがたい限りです。しかし、これから夏に向けて気温も上がってきてこの時期になると毎年多くなるのが食中毒。テイクアウトを利用する方も多くなり、衛生面が気になるという方もいるのではないでしょうか?
ISO 22000は、『食品安全マネジメントシステム』の国際標準規格で食の安全を守るための規格です。HACCPの内容も含まれており、安全な環境で生産・流通・販売するために、ISO9001を基礎として要求事項を規定しています。食品の会社はもちろんですが、食品を運搬している会社も対象となります。マネジメントシステムとして運用することで、食品の安全面での問題を予防し、問題が発生しても速やかに対処できるような体制ができます。
テイクアウトやデリバリーだと料理を作ってから食べるまでに少し時間がある為、衛生面は今まで以上に気を付けなくてはいけなくなるかと思います。ISO 22000で食の安全性について見直してみるのも良いのではないでしょうか。コロナによるライフスタイルの変化が起きている今、消費者が食品を選ぶ基準としてISO 22000が今まで以上に重要なものになるかもしれないですね。

2020年6月8日

災害にもISOが関係する!「防災ISO」の提案について

こんにちはISO事務局です。

最近は気温が高くなりお出かけしたくなる陽気ですね。緊急事態宣言が解除されてどこに行こうか考えている日々ですが、まだ収束はしていないので気を緩めてはいけないですね。早く旅行とか行きたいと思いながら、テレビで観光スポットの特集を見て行った気分を味わっています。早く気兼ねなく外出できるようになるといいですね!

話は変わりますが、最近頻繁に地震が起きていますが皆様大丈夫でしたでしょうか?地震だけではないですがいろいろな災害が起きていて、防災グッズ等も種類も多くあり販売しているお店も多くなった気がします。
現在、東北大災害科学国際研究所、経済産業省等が連携して、防災に関する製品や技術等について国際ルールとなる「防災ISO」を提案しているというニュースを見ました。
「防災ISO」は地震、津波、水害、土砂等の災害を想定したもので、事前の備えや被災直後の復旧・復興といった災害の局面ごとに必要な対応や設備の基準を設けることで国内の防災力を強化につなげるということを目的としています。2023年の発行を目標に進めていて、地震の揺れを測定する地震計の規格づくりから議論を進めるそうです。
日本では気象庁が高密度、高性能の地震観測網により測定していますが、国によって精度や態勢は異なるので、ISOを定めることで必要な水準での整備を各国に促せるというメリットもあります。他にも衛生面などの基準を満たす避難所の設置を盛り込んだ地域防災計画を、認証対象にする案も出ているそうです。

ISO14001にもある「8.2 緊急事態への準備及び対応」で災害に備えた目標としている企業も多いかと思います。防災ISOが発行されたら目標設定や対策をより良いものにできるかもしれません。
基準を作ることで企業だけでなく私たちも災害に合わせた対策を自分で行うことができるのではないでしょうか。防災グッズを選ぶ時も、何が必要でどんな役割のものが良いかわかりやすくなり、災害から自分の身守る方法を改めて確認することができるのでないかと思います。

2020年5月18日

トップマネジメントの重要性(5.リーダーシップ)

こんにちは。ISO事務局でございます。
5月も中旬になり静かなGWが終わってしまいました。連休に遊ぶことを楽しみに仕事をしている私がこんなに家に籠る日々を過ごすとは思ってもいませんでした。GWは好きなだけ寝て、録画していたドラマや好きな映画などを観て過ごしたので意外と退屈しなかったです。自粛生活も少しは慣れてくるものですね。もちろん外に出て遊んだり人と会って話をしたいですが…。

最近コロナについてのニュースが連日流れているのを見ると、国民が一丸となって対策するためにも全体をまとめるリーダーの存在がとても大切と改めて思いました。ISOでも2015年の改訂からISO9001、14001ともにマネジメントシステムにおいてトップマネジメントがリーダーシップを取る事が重要視されております。トップマネジメントとは、最高位で組織を指揮し管理する社長、取締役員、支社長、CEOなどの経営幹部を指します。

トップマネジメントはISO9001、14001の有効性について説明できることやISOについての方針と目標を設定し、必要な資源の提供や社員を積極的に参加させて意図した成果を達成できるようにすること等が求められます。必要な責任と権限を割り当てて組織内に伝達し、社員に理解してもらうためにもトップマネジメント自らリーダーシップを発揮してISOに取り組む必要があります。社員一人一人が積極的にISOに取り組むマネジメントシステムを作るためにも、リーダーが組織を今後どのようにしたいかイメージして運営に取り組まなくてはいけません。今後の組織の方針や目標について改めて見直すためにも、弊社ISO研修をご活用いただければ幸いです。

2020年10月~2021年3月までのISO9001、14001内部監査員養成研修の日程が決定しました!お申し込みを受け付けておりますのでご連絡お待ちしております。

●2020年7月~2021年3月のISO9001、14001内部監査員養成研修スケジュール
 ⇒https://hp-eigyo.com/wordpress_accueiliso/wp-content/uploads/1912.2009.pdf





2020年4月24日

組織の状況の見直しについて(ISO9001:2015 4 組織の状況)

こんにちは。ISO事務局です。

コロナにより緊急事態宣言が出されてあまり外出もできませんが、皆様いかがお過ごしでしょうか?外出してはいけないと言われると遊びに行きたくなりますがそこは我慢!私もちゃんと自粛生活をしています!最近ずっと家にこもっているので体を動かさない生活になり、これはまずいと思い、筋トレとエクササイズの動画を見ながら一緒に運動をするようにしています。おかげで全身筋肉痛。椅子に座ることすら痛い!日頃の運動不足を感じました。家にずっといるとストレスが溜まりますが、運動したら気分がすっきりして良いですね。ストレス発散&肉体改造を目標にしばらく続けたいと思います!

私は3月下旬からテレワークとなり仕事内容はそんなに変りないですが仕事の仕方は少し変化がありました。接客業や営業職の方等も人とあまり会うことができないので仕事スタイルが大幅に変わった方もいると思います。この機会に「4 組織の状況」を改めて確認してみるのはいかがでしょうか?

ISO9001 『4 組織の状況』
「4.1 組織及びその状況の理解」・・・現状の課題にはどのようなものがあるかを明確にする。
「4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解」・・・顧客などからの要望や期待されていることを明確にする。
「4.3 品質マネジメントシステムの適用範囲の決定」・・・QMSの適用範囲を定める。
「4.4 品質マネジメントシステム及びそのプロセス」・・・QMSを構築・運用・維持する。

コロナの影響によりテレワークになったり、顧客の要望等も変わったり今まではなかった新しい課題が出てきたりして状況や作業工程などを見直す必要がある企業様も多いのではないでしょうか。
現在のマニュアルや規定を読んでISO規格要求事項を自社では、どのようなマネジメントシステムとして実現しているのか、どのようなルールを定めているのかを確認して、そのままでも良いのか修正の必要があるのかをこの機会に検討するのはいかがでしょうか。より良い商品の提供や、作業効率UPにつながるかもしれません!

2020年4月6日

安全への意識を高めるためのKYとは…?

こんにちは。ISO事務局です。

4月に入り暖かい日が多く過ごしやすくなってきましたね。私は毎年この時期は花粉症対策のためマスクを買いますが、買うのはいつもきまって白いマスク。ですが先日、洗えるマスクを1枚友達にもらい初めて黒いマスクを付けました。今まで色がついたマスクは私にはファッション性が高すぎる気がして抵抗があったのですが、実際につけてみると結構フィット感が良い。そして何より自分がオシャレになったような気がしてちょっと気分が良い!今度から黒いマスクがあれば買いたいと思いました。

この間、ISO研修の受講者様アンケートの感想をみていたのですが「KYについても…」といった文章があり私の脳内で「空気読めない」と訳されましたがたぶん違う…。KYを調べたら主にISO9001やISO45001に関係する「危険予知」のことだそうです。恥ずかしながらまだまだ知らないことばかりです。

「危険予知」…危険な状態とその原因や対策などを組織で話し合いをする事により、一人一人が安全への意識を高めて事故を予防すること。

朝礼、会議等で業務についての注意事項の確認や、ポスター等で注意喚起を行っている企業様も多いかと思います。どんなことが危険なのかを確認することも大切ですがそれだけではなく、何が危険なのかを見つけるように意識すること、安全についての認識を維持することが大切です!KY=空気読めない、とか思った自分が恥ずかしい…。

危険予知に少し似ていますが「ヒヤリハット」もきちんと組織に共有することが大切となります。ヒヤリハットとは実際に問題が起きてはいないが、重大な問題につながっていたかもしれない出来事を指します。例えば商品を運んでいる時に転びそうになった、というのもヒヤリハットになります。実際に事故が起きているわけではないからといってそのままにするのではなく、他の人も同じような事が起きて実際に重大な問題になるかもしれないという意識で組織に共有して改善するように心がけましょう。
内部監査で何を質問したらいいかわからないという方も多いかと思いますが、決められている業務ができているかにプラスしてKY活動やヒヤリハット報告ができているか等の質問をするのもいいかもしれませんね。

トップに
戻る
Live800 online chat
Live800Plus Online Chat