ブログ

2021年2月8日

「4M」でトラブル回避! (ISO9001「8.5.6 変更の管理」

こんにちは。ISO事務局です。

2月に入って雪が降る地域も多くなりこれからさらに気温が下がるのかと怯えています。自宅で快適に仕事ができるようにもっと温かい部屋着を導入しようと思いネットで色々探してはいるのですが、いまだどれが良いのか狙いが定まっていない状態です。探しているとパジャマのようなデザインのものが多く、誰に見られるわけでもないのですがこの格好で仕事をして良いのだろうかと謎の不安が出てきてしまい購入に踏み切れていません…(笑) 良い部屋着に巡り合えるようもう少し探してみようと思います!

最近私はハシビロコウの動画を見ることにハマっています。前はハシビロコウの顔が少し怖いと思っていたのですが、エサを食べている姿や飼育員さんを目で追っている姿を見ているとだんだん可愛く見えてきて毎日のように動画を見て癒されてます。エサは魚を2種類の魚を用意しているらしいのですが、理由は1種類だと何かあって手に入らなかった時に食べられるものが無くなってしまうので日頃からどちらの魚でもいいようにしているそうです。トラブルを想定して変更できるように準備するのも大切ですね。
ISO9001でも 「8.5.6 変更の管理」があり、製造またはサービス提供で変更がある場合、要求事項への適合に問題が発生しないよう計画的に実施するという内容があります。
製品の品質管理にあたり、特に重要な「4M」があります。

「Man(人)」:現場で製品の生産に関わる作業員
「Machine(機械)」:製品の生産に関わる機械などの設備
「Method(方法)」: 製品を生産するために採用されている方法
「Material(材料)」:製品に使用される材料・加工品

4Mの変更点等に気を付けることで品質に問題がある製品が発生した際の原因発見や改善点を見つけることが可能となり、お客さんへの不良品流出防止にも役立っています。 トラブルが起きないように作業工程の見直しを行うのも大切ですね。「4M」を意識して改善点を探すことでより良い製品やサービスの提供につながるかと思います。

2021年1月18日

ISO14001とSDGs(持続可能な開発目標)

こんにちは。ISO事務局でございます。
明けましておめでとうございます。本年もアクイルをどうぞよろしくお願い致します。

やはり年末年始はゴロゴロしてしまいますね!私はコタツから出ずにお酒を飲みつつテレビを見て過ごしました。私の友達もコロナの影響もあって帰省できない、旅行も行けないので家でのんびり過ごしている人が多いようで、友達数名とオンライン飲みをして新年を迎えました。直接は会えないですがこれはこれで楽しい年越しになりました!今年こそは友達と旅行とか行けるようになるといいなぁ…。

昨年ですが、買い物袋が有料化されてエコバッグを持って買い物に行く人が多くなりました。私もエコバッグを持って買い物に行くようになりましたが、ビニールと違って破れたりする心配はないし、そんなに大変なことはしていないですがエコに貢献している気分になるのでこれならズボラな私でも継続できそうです!(笑)
ここ数年でよく聞くようになったのが「SDGs(持続可能な開発目標)」ですがエコバッグを使うこともSDGs推進の1つです。
ISO14001を活用してSDGsも取り組むことができるかと思います。 ISO14001では「外部及び内部の課題」を起点とする構造となっており、外部環境(課題)をSDGsの課題と捉えれば、SDGsの目標を「リスク及び機会」へと連動させることができます。また、「社会・環境」が環境方針のコミットメントの対象となり、持続可能な資源の利用や気候変動対策など、SDGsの目標が多く含まれています。

SDGsも視野に入れてISO14001の目標を設定することで、日頃の作業内容での問題点や改善方法が具体的に見えてくるかもしれません。
ISO14001の継続的な改善として「3R」を実践している組織も多いかと思います。

『3R:廃棄物の発生抑制のキーワード』
1、Reduce (リデュース):廃棄物の発生抑制
2、Reuse (リユース):再使用
3、Recycle (リサイクル):再資源化

有害なものを特定するだけでなく、有益な環境影響がある環境側面も特定することで省エネ、再利用、部品材料の変更、 製品の小型化、解体の容易性、啓蒙活動 環境ボランティア活動の参加など…地球環境の改善に貢献していくことができます。

2020年12月4日

ISO9001:2015 トレーサビリティで上手に部屋を整理整頓

こんにちは。ISO事務局です。

今年も残り1ヶ月となりましたがいかがお過ごしでしょうか?
私は冷え性なのでここ最近の作業スタイルはモコモコの靴下、ひざ掛け、ホットコーヒーの3点セットです。例年だと12月はクリスマスや忘年会でお酒を飲む機会が多い月になっているはずですが今年はそうもいかず…お酒大好きな私としては身も心も寂しい12月となっております…(笑) 宅飲みで気分を紛らわせて残り1ヶ月を乗り切りたいと思います!!

先日、年末の大掃除に向けて部屋の片付けをしていたのですが、要らない物を捨てようと思っても必要になるかもしれないと思ってなかなか捨てられず、また棚にしまうのですが片付けたそばからどこに何を入れたのかわからなくなり再捜索…結果片付けが進まないということが多々あります。片付けが上手になりたいです…。 そこでISO9001にあるトレーサビリティを意識したら片付けが上手になるのでは?
トレーサビリティとは・・・『対象となっているものの情報が確認できる仕組み や、製品 の流通経路を追跡できるようにすること』です。

《8.5.2 識別及びトレーサビリティ》
製品及びサービスの適合を確実にするために必要な場合、組織は、アウトプットを識別するために、適切な手段を用いなければならない。
組織は、製造及びサービス提供の全過程において、監視及び測定の要求事項に関連して、アウトプットの状態を識別しなければならない。
トレーサビリティが要求事項となっている場合には、組織は、アウトプットについて一意の識別を管理し、トレーサビリティを可能とするために必要な文書化した情報を保持しなければならない。

例えば、製品を作る工程で製作途中の製品と完成品の置き場を分ける、表示をつける等で誰でも見分けがつくようにしたり、製品が基準を満たしているか検査することで識別を行います。

自分の部屋が整頓できるよう、物を用途ごとに分けてしまう。どこに何が入っているかわかりやすいようにラベルを付ける。1年以上使っていない物は今後も使わないことが多いので捨てる! これで年末までに部屋の片付けが終わるように頑張ります!

2020年11月9日

ネット通販でお菓子を買いたい!(7.1.3 インフラストラクチャ)

こんにちは。ISO事務局です。

11月になりだいぶ寒くなってきて温かいものを欲する季節になってきましたね。少し早いかもしれませんが晩ご飯におでんを作ってみました。私はおでんの中でちくわぶがベスト3に入るくらい好きなのですが、九州出身の友達に聞いたらちくわぶを食べたことがないと言われてしまいました…。関西の方は入れないと聞いてはいましたが、九州もそうだったとは初めて知りました。今度おでんを作った時には友達にもちくわぶを食べてもらおうと思います!

先日、テレビを見ていたら美味しそうなお菓子が紹介されていて、ネット通販でも買うことができるそうなので検索してみました。配送の詳細のところを見てみると、12月~2月は常温便で、それ以外は冷蔵便でのお届けと書いてありました。チョコレートを使用しているお菓子なので寒い時期以外は冷蔵で配送しなくてはチョコレートが溶けてしまうということみたいです。これも品質を保つために必要な配送の仕方ということですね!

ISOではプロセスの運用のために適切なインフラストラクチャ、環境を使用することが求められています。インフラストラクチャとは、組織の運営のために必要な施設、設備、サービスに関するシステムのことを指します。

7.1.3 インフラストラクチャ
組織は、プロセスの運用に必要なインフラストラクチャ、並びに製品及びサービスの適合を達成するために必要なインフラストラクチャを明確にし、提供し、維持しなければならない。
a) 建物及び関連するユーティリティ
b) 設備。ハードウェア及びソフトウェアを含む。
c) 輸送のための資源
d) 情報通信技術

品質管理のために必要なインストラクチャは製品を作る過程ではもちろん大切ですが、それだけではなくお客さんの手元に届くまでの過程でも重要ということですね!

早速お菓子を注文しようと思いましたが、常温便より冷蔵便の方が少しですが送料が高いので、12月に入ってからお菓子を注文しようと思います!(笑)

2020年10月26日

ISO9001・ISO14001:2015「7.2力量」で《力量管理表》を活用する!

こんにちは。ISO事務局です。

食欲の秋♪ 皆さん美味しいもの食べていますか?
在宅勤務をするようになり、家のデスク横には、しょっぱい煎餅や甘いチョコレートなど、多種にわたるお菓子を常備するようになりました!仕事の合間に「お菓子休憩」でホット一息! やめられません(^^♪
しかし、在宅勤務が始まった頃は椅子が会社と違うせいか腰痛に悩まされ、日々、腰を立てて座るように気を付けていました。すると、こないだ健康診断を受診した際、過去最高の伸長高になっていたのです!昭和生まれのこの私がです(^-^; これって・・きっと・・腰(骨盤)を立たせて座るようにしてたから?(確証はないですが・・)
「継続は力なり」・・・思わぬ継続力の結果が出て嬉しい限りです。繰り返しますが、骨盤を立てると身長が伸びた!?・・確証はありませんが、勝手に喜んでおきます♪

ISO9001・ISO14001:2015年版に「7.2力量」という要求事項があります。

《ISO9001》
品質マネジメントシステムのパフォーマンス及び有効性に影響がある仕事に従事する要員に必要な力量を明確にする。力量が不足している場合は教育訓練をおこない、有効性を評価し、教育訓練の記録を維持する。

《ISO14001》
・環境パフォーマンスに影響を与える業務及び順守義務に影響を与える担当者に 必要な力量を明確にする。
・これらの人々が、必要な力量をもつことを確実にし、記録を維持する。
・環境側面とEMSに関する教育訓練のニーズを明確にする。
・力量を身につけさせる処置を行い、有効性を評価する。

重要な仕事を成し遂げるための力量の証拠として、文書化する必要がある物の一つが「力量管理表」です。この力量管理表を作ることで、仕事を細分化でき、メンバーの不足しているスキルを把握し、そのスキルを教育するという今後の教育計画の策定に役立ちます。
また、これにより職場全体の生産性向上にもつながります。

気を付けるポイントは、項目を増やし過ぎたりして、見栄えを気にした立派な項目にしないことです。また、一度作成したら半年ごとなど定期的に見直しをすることが重要です。
是非、無理をせずISOの要求事項「力量」を活用して下さい。

トップに
戻る
Live800 Chat Support
Live800Plus Online Chat