2012年12月5日

やっぱり日本品質!!!

おはよう御座います、金澤です。

さて、本日は色々なニュースが飛び交っていますね。
悲報ながら、歌舞伎役者の中村勘三郎さんがお亡くなりになられ、また一方で、北朝鮮の弾道ミサイルの脅威におびえと残念なニュースが続きますが、先日、12月3日に、ニューヨーク国連本部で、日本、米国、英国を初めとした99カ国が作成した、核兵器全廃の決議案が採択されました。

中でも特徴的だったのは採択方式です。ロールコールといわれる方式で、重要なトピックを扱う際にとられる方式です。もう一つがコンセンサスという国名を挙げずに多数決をとる感じで採択する方法がありますが、反対や棄権した国がわからないので、重要でない議題や、駆け出しの議題でよく利用されるのです。

何がいいたいかというと、3,11の影響はこれほどまでに、国際社会の舞台で懸念されていて、かつグローバル全体で対処していこうという世界の国々の意向が伺えます。

また、一方でわずかですが、SHARPの株式市場が上昇し、また米半導体メーカーと共同開発するなど多くの企業が再建を計るために躍動しております。このブログで、たびたび申し上げておりますが、やはり、日本品質こそ日本が世界に誇れるブランド力であり、そこにプライドを持って更なる品質向上を目指そうと思った本日の朝ブログでした。
それでは、本日も頑張ります。
(模擬国連入っっていてよかった)

トップに
戻る