2013年6月13日

TOPの責任

こんにちは。スタッフの島村です。

雨がしとしと降っています。久しぶりの雨で農家の方も一安心ではないでしょうか?
さて、今日のお話ですがプロ野球のボールのお話から出ているお話です。
ズバリ「プロ野球統一球変更問題」です。
ボールを変えたことも問題ですが、もっと問題があります。それはずばりTOPの責任です。
・・・ISOやPマークを認証・認定した企業様でしたらご存知だと思いますが、方針にはきちんと代表又はそれに準じる方の署名が必要です。確か、内部統制も同じだったと思います。
コミッショナーとして記者会見を行う場合、あの回答はよいのでしょうか? 問題1. わたしは聞いていなかった?? 経営者としての発言として、NPBの組織のTOPとして許されない発言です。
民間企業のTOPがこの話をしたら、どうなると思いますか? 問題2 隠蔽や不祥事でないと認識している 既に、矛盾した発言です。
報告・決裁がないまま実行されたということならば、重大な隠蔽や不祥事ではないでしょうか? まして、ボールにお名前も記載されている。
それはイコール私が認めたボールですと言っているようなものです。(それも、どうかと思います。)
そして、野球を職として生活している選手や、野球ファンがいるから、この組織が成り立っているということを忘れていませんか?
しかし、最近のスポーツ界、相撲しかり、柔道しかり、野球しかり・・・スポーツの上部組織の 問題は全てどこ向いて仕事しているんでしょうか?TOPの責任とは?考えさせられますね。

トップに
戻る