ベトナムISO9001


I:ISO9001とは:

ISO9001の認証取得を達成した会社が含む管理システムの要件を満たします。
・物理的な設備:丈夫性、安全性、機能性。
・人間:責任を取る。
・機器:丈夫性、安心感、安全性。
・トレーニング:わかりやすさ、見た目、笑顔、丁寧さ。
・食品:安全性、食中毒なし。

II:ISO9001の8原則:

1:顧客重視。
2:リーダーシップ。
3:人々の参画。
4:プロセスアプローチ(業務ごとのプロセス)。
5:マネジメントへのシステムアプローチ。
6:継続的改善。
7:意思決定への事実に基づくアプローチ。
8:供給者との互恵関係。

III:QMSのPDCAのモデル:

9001-PDCA photo QMS_zpsiucfomkf.jpg

1:計画(PLAN):
下記は企画した要素:
・品質管理システムの維持。
・品質管理システムの資料。
・リーダーシップの責任。
・資源管理。
・製品実現の計画。
・コントロール機器の監視及び測定。
・予防処置。
これらの要件のほとんどは、要因が明らかに予防処置の要件に注意することが計画する必要があります。 セクション8(測定、分析及び改善)でこの要件は、計画していない、行為であると思われます。 予防処置は、欠陥は、単に計画する立場にそれを置くように起きていない排除する計画です。 それが起こるのだろうときに我々は知らないので、それは意図的な計画のようですので、(または予防処置があってもなくてもよいです)。 欠陥が発生した場合、計画は失敗しました。 我々はそれを防ぐための行動を取らなければならないので、欠陥が発生しませんか?我々はこのことについてわからないので、計画と呼びます。

2:運用(DO):
これらの手順は、月例周期発生データに測定し、分析し、年次計画の実施の結果として見られることより頻繁に行われて実行します。
・能力と訓練。
・設計・開発。
・購入。
・生産とサービス提供。

3:評価(CHECK):
・リーダーシップを考慮。
・モニタリングと測定。
・顧客満足度。
・内部監査。
・データの分析。
四半期ごとの毎月またはの検査は、多くの企業が言ったにも関わらず、 非常に現実的である年次評価、テストなどの指導者や顧客満足度の調査を実施を考慮ISO 9001に従った品質管理システムへの完全な調査の場合、 ほとんどまたはほとんどない競争と環境、業界や安定した市場と完全に安定したビジネスモデル私たちは、毎年定期的な検査を回避することができます。 しかし、どのように多くの企業がこのような条件を達成することができますか?

4:改善(Act):
・継続的改善:予防処置という要求事項は削除されました。

IV:ISO9001のメリット

・効果的な管理プロセスを提供します。
・組織全体の責任を作成する。
・社員とお客様に信頼を与える。取得しない企業より効果的なワークスタイルだと思われています。
・効果的に働きます。
・時間を節約できます。
・コストを削減されます。
・廃品率は低下する。
・評価と継続的改善。

V:ISO9001のデメリット

企業が認証を取得するだけで、8原則を受け止めなかったら深刻な結果を受け取られます。
ISOの役割を認識していません。
認識のレベルが低い、トレーニングをしたがISO9001の適用方法が出来ません。


VI:ベトナムのISO9001の状況

1:ISO9001の状況

ISO9001 photo 9001_zpsw5ywdwwi.jpg

ベトナムで最初にISO9001取得したのは1977年でした。
2009年に全国で7333企業がISO9001認証取得しました。 しかし、2009年の世界の経済危機の影響により、ベトナムの債務危機につながり、2010年にはISO9001を認証取得している企業は2036社まで減りました。
そこから徐々に経済回復し、 2015年には全国で3786企業まで回復してきました。
ISO9001は企業の管理と経営者の考え方を変更されました。
ISO認証取得を達成した企業の結果は労働規律が強化され、労働生産性を増加しました。
製品の品質も向上されます。

・例えば
繊維工業、株式会社テキスタイルベトナムはISO9001認証を取得された後で製品の品質を向上して、国際的な企業の信用を築きました。 漁業と農業で品質管理システムに沿って、日本とアメリカのような先進技術を得ました。







トップに
戻る