ベトナムISO22000

ベトナムのISO22000状況についてのサイト

ベトナムISO22000状況について


I:ISO22000とは:

『食品安全マネジメントシステム-フードチェーンに関わる組織に対する要求事項(Food safety management systems – Requirements for any organization in the food chain)』の国際標準規格である。 この規格は世界の専門家とコーデックス委員会を協力して、食品基準を開発します。

II: ISO22000のメリット:

・食品安全性を高める。
・顧客からの信頼と信用を獲得させる。
・海外企業の取引要件を取得される。
・材料の起源を検出できます。
・販売のコストを減らせる。
・ISO9001、ISO14001と統合することができます。
・HACCP、GMP、EUROGAP、BRC、SQF、IFSを置き換えることができます。
・売り上げが増えてきます。

III:FSMSのPDCAのモデル:


IV:べトナムでISO2200の状況:

1:状況:

2005年9月ISO22000が発行されましたから、各企業が作った食品安全の約20基準を変えるために50ヶ国で各組織がISO22000を適用されました。
発展した国と発展している国でも食中毒が発生しました。消費者を守るために食品安全基準が重要と証明しました。
ベトナムでISO22000認証を取得した企業はほとんど食品生産企業です。
2006年12月4日には海外に輸出する魚介の品質保証のためにUni-President企業がISO22000:2005認証を取得しました。
2007年11月にUni-President企業は最初にSGS国際機関がベトナムで水生飼料の生産に特化企業となります。
現在、ベトナムはエビを輸出するのが世界で3位です。Uni-President企業がISO22000:2005認証を取得したことがベトナムの水産の輸出をどんどん発展しています。
2008年にベトナムでISO2200認証を取得された企業数が少ない。HACCPやGMPやISO9000などを取得している企業が多い。
2013年に全国でISO22000認証を取得した企業は約300社、2014年は243社がISO22000を取得します。それ以外の企業が恐らくISO22000のメリットを理解しておらず、取得する企業が減ってきています。


2:適用することの困難:
2.1:国家管理機関について:
ベトナムで困難の原因は各企業だけではなく国家管理機関と食品安全システム、品質管理システムの政策も影響があります。 いくつかの規格は世界基準と合わないから、ベトナム品質管理系統はまだ欠点があります。そのため 各企業はISO22000を適用することが中々難しいです。 品質管理組織はISO22000を適用したい企業に条件を作らないです。 企業にISO22000適用することの刺激方法がありません。
2.2:企業について:
欠点の原因:
彼らは未来を向けない、ISO22000を取得できるコストは無駄です、必要がないと思われます。
これは未来の利益を考えずに、目の前の困難を見るだけです。 ある企業は製品の品質を高めるためではなく、品質管理システム、食品安全システムを取得するのはイメージです。「うちの企業がISO22000を取得しました」という広告です。
3:促進するための措置:
3.1:国家管理機関について:
各企業がISO22000を取得出来るまでに関心、指導、援助するべきです。
メディアを通して品質、食品安全性について国民の認識を高めます。
3.2:企業について:
ISO22000内部監査員研修に参加させます。
ISO22000によって現在のプロセスを改修します。
効果を高めるためにシステムを改善するべきです。


トップに
戻る