ベトナムISO14001

ベトナムISO14001状況について


I:ISO14001とは:

ISO14001は組織が環境に影響を軽減するための管理システムを作成するように設計されています。
様々な環境問題: 温暖化、食糧危機、健康被害、森林破壊、生態系破壊、砂漠化、空気汚染。。。

II:ISO14001の目的:

組織が環境マネジメントシステムを改修すること。
運送機器メンテナンスの有効性を改善して、大気質に与えるプラスの影響を高める。
組織が達成を目指すして自ら設定する、環境方針と整合する全般的な環境の到達点。

III:ISO14001のメリット

2.1業界的:

・会社の評判やイメージを高めます。
・経済効率を通じて競争力を高めます。
・持続可能な開発しています、環境、人やパートナーの要件を満たしています。

2.2 経済的:

・資源、材料の使用を減らします。
・エネルギーの使用を減らします。
・製造工程やアップグレードサービスを高める。
・廃棄物処分コストを減らします。
・資源を再利用可能。
・環境法律に違反して罰金を避ける。
・環境税を減らします。

2.3 リスク管理:

・リスクの被害を防止して制限する
・保険のコストを減らします。


IV:EMSのPDCAのモデル:

1:計画(PLAN):
・法律の要件と環境の要件を確定する:国際的な法律、国家法律、県、区、市の法律の要件を厳守します。
・環境側面の確定:空気汚染、ゴミ汚染、土汚染、水質汚染、天然資源の利用、周りの環境問題。
・目標、指標、環境管理システムを設定します。目標、指標を叶えるために計画を達成します:時間、必要な資源、責任者。

2:支援及び運用(DO):
・責任:環境管理システムを実施及び維持のために責任者が必要です。
・能力、トレーニング、認識:管理者、労働者及びリーダーシップをトレーニングを実施するのが重要です。
・コミュニケーション:管理者や労働者への情報を伝えます。例えば 新しい法律、支援者の情報、顧客情報、環境管理システムの情報。
・文書化した情報:規格によりますと11要件を達成されました。ISO9001を取得した企業は品質管理システムと環境管理システムを組み合わせます。
・運用:計画したプロセスを運用します。環境側面は支援者の威信及び製品を影響しますので企業は注意しなければいけません。
・緊急事態への準備及び対応。

3:パフォーマンス評価(CHECK):
・監視及び測定を実施して、定期的に企業が指定した環境管理システムを順守しているかを調査します。
・不適合及び是正処置:適合のため環境管理システムの変更を行います。

4:改善(ACT):
トップが適切な間隔でEMSをレビューする。


V:ベトナムのISO14001の状況

1:状況

ベトナムで最初にISO14001を取得したのは1998年でした。 初回に取得した企業はほとんど海外からの投資を受けた企業です。特に日系企業です。例えば Honda、Toyota、Panasonic、Canon、Yamaha…。
1999年から2002年まで認証を取得した企業は33企業でした。
2003年にベトナムの政府が2010年までの環境保護の戦略を発表しました。目標として2010年までに全国の50%の企業がISO14001認証を取得しました。2020年までに80%以上の企業です。 (256/2003/QD-TTG)115/2003/QD-BCNの決定によって全国で自動車メーカーは創業日から3ヶ月以内にISO14001認証を取得しなければならない。

2013年東南アジアでのISO14001認証取得数は6位でした。
2014年に全国で830企業が認証を取得しました。(電子:15%、ゴムとプラスチック:13%、機械工学:12%、 飲食品とタバコ:11%、化学:7%…)。これらは環境汚染可能性が高いや海外からの投資を受けた企業です。
 ・戦略の目標:




トップに
戻る