ベトナムOHSAS18001

ベトナムのOHSAS状況についてのサイト

ベトナムOHSAS状況について


I:OHSAS18001とは:

(Occupational Health and Safety Assessment series) 労働安全衛生マネジメントシステムを構築・運用するために定められた国際基準です。
1999年に英国規格協会(BSI)が設立して、発行しました。
現在のエディション:OHSAS 18001:2007

II:OHSAS認証があるに従って、評価される主な要因:

 ・施設の管理システム。
 ・計画、リスクの評価。
 ・従業員の意識とトレーニング。
 ・安全管理システムにおける情報の交換。
 ・緊急場合の対応。
 ・監視と継続的改善。

III:OHSAS18001のメリット:

 ・緊急事態への対応力がつきます。
 ・労働生産性性が向上します。
 ・企業イメージの向上が図れます。
 ・保険料コストを削減する。
 ・労働災害のリスクを低減する。
 ・労働者に信頼を与えます。
 ・OHSMSとの方針に合ってます。

IV:OHSAS18001を適用する理由:

1:業界からの圧力:
お客様の要件。
政府の労働安全の要件。
国際統合のための準。
2:所有者や株主からの圧力:
顧客やパートナーに企業のイメージを向上させたい。
3:労働者からの圧力:
安全な作業環境でやりたい。

V:OHSAS18001の任務:

1:労働者を守る:
安全な作業環境を作るために企業がリスクの防止と管理方法を作成するべきです。これは企業を発展する1つの利益です。
リスクの警告、管理方法がない企業、作業する上で事故を発生した場合には法律に違反することで伝えられる可能性があります。
OHSAS18001を取得した企業は人身事故を防ぎます。
2:利益を高める:
OHSAS18001はPDCAによって実施しま。リスクの評価、事故の検査によってリスクを減らす計画を作成します。
そのため 企業はプロセスが効果的な取得できて、改善に役立たせもらいます。
3:法律を守る: 法律を守る企業は事故を発生した時損失のコストを削減、企業のイメージに影響を与えることはありません。

VI:OHSAS18001のPDCA:

1:計画(Plan):
まずは、リーダーシップが企業のための安全性政策を設定します。 企業の各部は危険源リスクを評価して、リスク管理の計画を設定します。どのようなリスクが起こせますかを判断して予防策の作成が重要です。 リスク管理の際に法的及び要求事項を揃えます。揃えた結果によって、企業が起こす可能性が高いリスクの対策を設定します。

2:実施(DO):
リーダーシップが管理構造を作ります。リスクを起こさないように資源や装置などの修理、追加をします。
労働者に労働安全の訓練、トレーニングを実施させて、労災事項の危険性を自覚出来ようになります。
内部監査員研修を実施します。企業の全員が参加します。いつも安全マネジメントシステムを支えます。
労働安全マネジメントシステムの資料を管理します。
企業はいつも緊急事態への準備及び対応。

3:点検(Check):
定期的にOH&Sの統制活動の結果を監視します。
OH&Sを適用する状況を評価します。
発生事象を調査して、不適合を処理します。
是正処置及び予防処置を実施します。
OH&Sの書類を管理します。
OHSAS18001の関連を評価するために定期的に内部監査を実施します。

4:マネジメントレビュー(Act)
OH&Sの管理システムの見直しをして、改善します。


トップに
戻る