iso内部監査によるレベルアップで本審査を

isoの重要性

isoとは主として工業業界で採用されている、仕事の正しさや確からしさを標準化したシステムです。今日では一般的にiso9001とiso14001が良く知られ導入されています。前者は品質にまつわる標準化、後者は環境対策にまつわる標準化です。今日では品質は企業の生命線で、信用を勝ち得るために再重要視される要素です。そして環境意識は、今日の環境悪化に対する問題意識を持ち、少なくとも現状の姿を瑕疵なく次世代に引き渡すために必要なもので、企業が責任を持って取り組むのだという表明であるのです。

iso内部監査によるレベルアップで本審査を

isoは国際的に通用する信頼度の高いシステムですので、認証取得ができれば企業としての信頼度が大いに高まります。いや、高まるというよりは、認証取得をすませているのが最低基準である、というレベルに移行しつつあります。企業は認証を得るため、社内にiso事務局を主催するのが普通です。企業トップはこの事務局に対し権威を与え、全社的に取り組みの優先順位が高いことを宣言します。事務局はiso内部監査を行います。これは認証機関が求める精神・哲学・システムのレベルを理解し、社内がそのレベルにあるかどうかをiso内部監査によって評価するのです。 iso 内部監査で指摘された不備は、主にその部署の責任において是正され、適切な方法で改善されなければなりません。そしてそれらの繰り返しによりレベルアップができた段階で本審査を受けるのです。iso内部監査はこちら

トップに
戻る