iso9001内部監査目的

iso9001内部監査目的

iso9001内部監査とは、工業における品質向上のための正しい取り組みを定着させるためのiso9001取得に先立ち、実際の監査を受けて認証取得のレベルにあるかどうかをチェックするために、企業などが内部的に行う予備審査のことです。

iso9001内部監査取り組み

iso9001は品質に対する取り組みを規定しています。例えば企業内に存在する問題点を明確にし、pdca形式で問題の核心に迫り解決し、歯止めをかけて完了、ないしはこの事象に対する水平展開をしてルール化するなどの取り組みを指します。製造現場においては、作業員が各々独自の方法で作業に取り組むのは問題であるとします。誰がいつ行っても同じ結果が得られるという成果を期待するには、マニュアルとそれに沿った教育が必要になります。そしてその教育とその成果を記録します。最終的にはこのような手法が、計画的に行われ続けることにより品質問題、ひいては企業の問題意識を高めて、仕事を遂行するうえでの客観的正しさが証明されることになります。

iso9001内部監査と事務局

企業は主にiso事務局を主催し、関係者が認証取得のための審査がどのように行われるかを学習し、充分に合格点が採れるよう関係部署に指導し、不足している部分を指摘します。iso9001内部監査とはこのような方法で本番の審査の前に自主的に行うものです。したがって社内でも相応の権威づけがなされ、iso9001 内部監査と事務局が活動できるようにしています。 iso9001内部監査のことなら
トップに
戻る
Live800 online chat
Live800Plus Online Chat