iso14001内部監査概要

iso14001内部監査概要

isoでは企業は先行して9001を取得しました。こちらは俗称で品質マニュアルといわれる通り、正しく仕事を行い健全な品質活動を求めるシステムです。企業が取引に際し相手がiso9001を取得済みであることを求めるほど今日では普及しています。このように普遍性がありまた権威づけされている背景があるので、isーo14001の取得も多くの企業が意欲を燃やしています。認証を受ける準備は企業であればiso事務局が組織され、推進メンバーとなります。

iso14001内部監査はどのように進めるのか

事務局がiso14001内部監査を行う準備について一例を挙げましょう。例えば事業所で1ヶ月にどれだけの紙を廃棄しているかを調査します。そしてそれを半減する目標を立て、紙は必ず裏も使うこととルールを決め、継続的に廃棄量を調査します。目標が達成されればそれを標準化して全部書に周知・啓発します。そしてシステムとして機能するよう記録をつけ、必要に応じてpdcaサイクルを回していきます。iso14001内部監査ではこれが機能していると客観的に評価される状態にあるか、を確認するのです。そして社内の様々な諸問題に対しiso14001 内部監査が調査し、一定の水準に達した段階で本審査を受けるのです。iso14001内部監査員研修なら
トップに
戻る
Live800 online chat
Live800Plus Online Chat