ISO27001規格改訂に伴う自社マニュアル修正のポイントセミナー

ISO27001規格改訂セミナー

ISO27001:2013が発行されました。

情報セキュリティの国際標準規格であるISO27001の2013年版が、2013年10月1日にリリースされました。 これに伴い、既にISO27001:2005で認証取得している組織は、発効から24ヶ月以内(2015年10月)までに2013年版への移行を完了させなければなりません。 つまり、認証している企業・組織は期限までにこの規格に沿って文書を見直さなければなりません。情報セキュリティ責任者や担当者にとっては、日常の運用以外にこちらも見据えた対応を期限迄に行わなければならないのです。

本セミナーについて

こちらをご覧になられている多くの担当者の方は、既にご存知だと思いますが、今回の改訂の背景は、「各MSS(マネジメントシステム規格、Management System Standard)の整合化を図る」(品質や環境などのMSSとの共通化)「基本として2005年版を継承している」 という内容です。このような規格改訂の内容については、審査機関をはじめとしセミナーを行っています。しかし、そこに参加された多くの方は、
 「で?具体的に何をどうすればよいの?」
 「マニュアル等は何を修正すればいいの?」
といった疑問を持ちませんでしたでしょうか?
セミナーを主催している審査機関では、当然それをお伝えすることは出来ません。本セミナーでは、そういった皆様の疑問や不明点を解決することを狙いとしています。景気は上向いているとはいえ、限られた予算で対応しなければならない担当者の方が多いのではないでしょうか?

本セミナーの対象

自分達で対応を行おうとしている、あるいは対応しなければならない 1.ISO27001認証取得企業の情報セキュリティ責任者 2.ISO27001認証取得企業の情報セキュリティ担当者 3.ISO27001認証取得企業のISO管理担当者 4.ISO27001をこれから認証しようとお考えの担当者

セミナー概要

本セミナーでは、当社の主任コンサルタントが講師を勤めさせていただきます。 ちなみに、この度の改訂において、主に変更があった点は、
■適用範囲の決定プロセス
■リスクアセスメントの考え方
■目的管理の考え方
■管理策の有効性評価
■教育・訓練、力量の考え方
■管理策の有効性評価
■委託先評価・管理
■コミュニケーション
■是正処置・予防処置(発展的解消)などが挙げられます。
また、付属書Aの管理分野が11から13へ、管理策が133から114へと変更されました。
本セミナーでは、上記のようなISO27001:2013年版の改訂点はもちろん、「認証済み企業のマニュアル修正ポイント」をコンサルタントが伝授するセミナーです。このセミナーにご参加頂き、皆様のお役に立てればと考えています。

 

セミナー内容

14:00~14:30 今回の規格改訂の背景・目的・意図 14:30~15:30 2013年版への改訂で変更になった箇所の解説 15:30~16:30 規格改訂に伴うマニュアル修正のポイント 16:30~17:00 質疑応答・コンサルティング相談会

開催日時

□2013年12月11日(水)14:00~17:00 開催延期 □費用:15,000円/名(税込) ※女性は12,980円/名(税込)

開催会場 アクセスマップ
住所
東京都千代田区神田小川町2-1-7日本地所第7ビル902
アクセス
小川町駅・淡路町駅・新御茶ノ水駅 徒歩0分、御茶ノ水駅・神田駅 徒歩10分

お問い合わせ先

担当:ISO事務局 厚川宛  電話:0120-852-900(通話費用無料・携帯可) 受付時間:9:30~18:30(土・日・祝・年末年始除く) メール:iso@accueil-corp.co.jp

トップに
戻る