2016年1月14日

2016年1月14日SNSの従業員の利用について

こんにちは。ISO事務局の島村です。 
今年は、新年早々芸能界でいろいろなことが起こっていますが、波乱の1年になるのでしょうか? 特にSMAPの分裂騒動はすごいですね。
世の中に物凄い影響力を持っているんだと改めて関心していたところです。
今日は、SNSの従業員様のご利用について記載したいと思います。
先日も、事件がございました。
芸能人の方のお住まいをTwitterで呟いてしまい大変な事故になっています。
さて、現代社会は急激にデジタル化が進んでいます。
急激というのが正しいのかは分かりませんが、少なくともここ数年で大きく変化したのは間違いが無いのです。
一方で、これを利用する我々は、どうなんでしょうか?
特に、SNSツールの発展と共に、コミュニケーションのあり方が大きく変わってきています。
便利な機能があり、とても使い勝手が良いのですが、一方で、使い方を誤ると大きな問題を引き起こす可能性が高いのです。
では、このSNSツールの正しい使い方は、誰が教えるべきなんでしょうか?
昔、SNS上で口論になっている場を見たことがあります。
一方は、これは法律に違反してるのか?
と叫んでしました。そういう問題なの・・??と首を傾げた記憶があります。
法律に違反していなければ何をしてもよいの?日本には昔から、いろいろな場面で常識という言葉で暗黙の制御がされてきたように思います。
私は、あまり好きな言葉ではないですが・・・何が、常識なのか?誰が決めたことなのか?SNSを正しく利用するということは、何となくこの議論に似ているような気がします。
そうは言いながらも、この状況を見過ごすことが行かない企業様としては、ルール整備や教育、監視の強化具体的なアクションを起こさないといけない状況です。

トップに
戻る