2013年3月7日

更なる環境を求めて

おはようございます、金澤です。

本日も朝、起床できずに定刻どおり。今までの睡眠習慣を改善するのは非常に難しいです。
ただ、起きたら一日が楽しみになる、あの一日どうやって過ごそうかと考えられるあの時間をもう一度経験したいので、明日こそは。
最近、花粉に苦しむ金澤ですが、中国から襲来する殺人スモッグPM2.5も同時に注意する必要があります。花粉より、粒子の大きさが小さいなんて、反則ですよね。普通のマスクでは防ぎきれないのですから。国際的にみて遅れた経済成長の中国ですが、昨日の朝刊で、成長目標指数を7.5(記憶が曖昧ですが)に設定したということで、成長もここまでかと。また、ここに来ての環境問題や、人件費の高騰などで、世界の多国籍企業は中国を徐々に避けるようになるでしょう。
一応、温家宝国家主席は辞任する前に、環境問題に対する発言をしましたが(完全に無責任発言)、次期主席が政策としては実行していくんでしょう。それもゆっくりと時間を掛けて、ほとんど実行していないような形で。
さて、こうした中で、我々、日本としては、やはり環境に対して更なる高みを目指していくべきでしょう。お隣、韓国や、フランスもそういった事業、企業が多数存在する中、やはり何といってもドイツがその中でも群を抜いております。
環境に対する取り組みの更なる見直しを我々は実行していく必要があります。

トップに
戻る
Live800 online chat
Live800Plus Online Chat