2013年3月4日

新たな国際規格の可能性

お久しぶりです、金澤です。

月末は少し、忙しくて出社できずにご迷惑おかけして、申し訳ございませんでした。本日からまた、改めて更新していきますので、よろしくお願いします。
そういえば、僕も、そろそろ新聞をとろうかと思い、昨日、日経新聞の購読の予約を取りました。新学期が始まる前に気持ちを徐々に切り替えていこうかなと思いまして。
さて、本日は車検が切れて乗らなくなった車などの中古車エンジンの適切な国際取引の為に世界的な品質規格作りに向けて自動車リサイクルの会宝産業(金沢市)が動き出したとのニュースが入りました。
仮にこれが規格化され、普及すれば、新たなビジネスチャンスが拡がります。なぜなら、海外で日本車は高級車であり、中でも4WDのエンジンは闇市で売られるレベルでした。(だから、日本でも外人による盗難被害というのがありました)
しかし、これが認証されれば、正規のルートのエンジンを信頼という付加価値を乗せて取引に応じることが出来ます。
今後、注目していく必要がありますね。本日も頑張ります。 中古車エンジン品質守る 会宝産業 国際規格作り着手

トップに
戻る
Live800 online chat
Live800Plus Online Chat