2012年8月20日

スタッフブログ 

こんにちは、今日はお盆休みから帰ってきました金澤と申します。
僕からは、女子割りの意義についてお話させて頂きます。
最近、大手日系企業のあいつぐ雇用削減政策により悲観してしまいますが、反対に女性労働者のニーズは少しずつではありますが、上昇傾向にあります。
スキルの多様化によって、コミュニケーション能力や発想力がより求められている現状において、男性社会では生まれなかった新たな交流や利便性の機会となり会社にもメリットであると考えている企業が増加しています。
女性の就業環境に関しても、育児休暇であったり、給与面においても改善され、女性を一人の人員として認め、起用している企業の数が増え、IT業界にもその波紋は広がりつつあります。
だからこそ、より多くの舞台での女性進出に貢献したいと感じ、女性監査員を増やそうということで始まった本プロジェクトですが、これからも多くの企業様にご利用頂ける様、勤めたいと思います。

トップに
戻る