2013年1月9日

アドバイザーとしての品格

皆様、あけましておめでとう御座います、金澤です。
会社としては、7日からのスタートでしたが、学業の方がありましたので、本日が仕事初めとなります。どうぞ、今年もよろしくお願いします。

さて、ISO9001の改訂は順調なのでしょうか。新たな項目が追加されるなど、今後色々準備せねばなりませんが、皆さんおの中には、今更ISO9001を取得しても、と思われる方もいらっしゃるかと思います。ISOの規格には更に専門性に絞った様々なものがあり、そちらで十分であるという方が非常に多くいらっしゃいます。実際、国際的な舞台においてもその傾向が強くなってきているのではないのかと感じております。

しかし、ISO別の取得企業の共同体という観点で、見ていくとやはり、ISO9001は基礎となっているだけあり、共同体としては非常に大きなものとなっております。第三者的客観性の保持がもたらす信頼というものは、普及している集団が大きければ大きいほど、強固なものとなって来るでしょう。

また、品質マネジメントという分野における汎用性の高さはISOのほかの規格に類を見ないものです。全てのマネジメントの品質を向上させるためのガイドラインであるからこそ、今もなお多くの企業が取得しているのです。

今後とも、そのような企業のお力になれるよう精進したいと思います。
BSIジャパン、ISO9001(品質マネジメントシステム)認証をホッと一息霧島茶ISO共同体に実施

金澤

トップに
戻る